住職のひとりごと

2021年12月01日

名前を福来(ふくちゃん)と命名しました。

名前を福来(ふくちゃん)と命名しました。
迷いネコが来て一か月。 名前を福来(ふくちゃん)と命名しました。 まだ、生後3か月です。 目の傷も徐々に治ってきています。 カラスに襲われてはいけないの現在ゲージの中で生活しています。 そろそろ、境内にデビューしてもらおうかと考えています。 参詣の方の癒しに貢献してくれると思います。 特技は、時々立ち上がって二本足で歩くこと。 また、お寺で見かけたら「ふくちゃん!」と呼んであげてください! きっとあなたのもとに福がやってくると思います。 ネコビエの参詣記念証も本堂前に...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年12月01日

第二の故郷ができたようです!

先日、永代墓にお参りいただいた方から丁寧なお手紙がつきました。 東京にお住まいで鈴鹿でお父様がお亡くなりになったときコロナ感染の宣言などあってそのお別れに立ち会えなかったとのこと。 お手紙には生前のお父様との出来事を走馬灯のように想い起こすシーンなど流れるような文章に思わず一気に読ませていただきました。ご両親への確かで温かな愛を感じました。 寝釈迦仏の前で手をあわせていただき心が落ち着きましたとのこと。手紙には、第二の故郷ができたような気がしますと書かれていました。 十余年前、お困り...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年04月28日

真宗高田派の教え

真宗高田派の教え
宣隆寺は真宗高田派のお寺です。 真宗高田派の教え 宗祖親鸞聖人 本尊阿弥陀如来 教典浄土三部経/仏説無量寿経(大経)、 仏説観無量寿経(観経)、仏説阿弥陀経(小経) 教義阿弥陀如来は、あらゆる者を浄土に救うという大きな誓いをたてられました。 そして、われら凡夫(ぼんぶ)にはこの誓いを信じお念仏を申すことが浄土に生まれる因(たね)になると勧めてくださいます。...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年04月08日

念ずれば!

念ずれば!
令和3年度がスタート。こども園、小学校など学校も新年度がスタートしました。 桜も満開から葉桜となりました。 ここ一年コロナ渦で生活面はじめいろいろな制約の中で生きていかなければならない時代です。 一日も早いコロナ終息を願って「念ずれば花ひらく」坂村真民先生の幕を本堂に掲示しました。 ...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年03月27日

日本初の塗り絵ご朱印

日本初の塗り絵ご朱印
日本初の塗り絵ご朱印 絵本作家 こじましほさんのスタンプ ネコビエご朱印 好評です! ご朱印をあなた色に染めてください! ...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年01月28日

ペットの桜葬 フルールド・シエル

一昨年末よりペットの葬儀をお受けするようにいたしました。 本当に家族同様にかわいがっているペットとの別れにはひとつの区切りが必要に思います。 私も8年ともに暮らしたミニチュアダックスフンドのチョコちゃんを昨年10月15日に亡くしました。 なんとも言えない心の脱力感。 読経し火葬。 新しくつくったペットの桜葬のお墓に埋骨をしたときになにかひとつストンとこころが落ち着いたような 気持ちになりました。 葬儀や法事にはそれなりの理由やわけがあります。 つら...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年01月28日

宣隆寺でのコロナ禍に対応したご法事

  昨年の年末からコロナ禍の第3波が押し寄せてきました。 年が明けてどんどん市内でも陽性者がではじめました。 そんな中、年忌法要を延期します。 親戚を呼ばず施主だけの法事にする。ご葬儀も喪主のみで済ませる。 ご法事の在り方も徐々に変わってきました。 宣隆寺では、①アルコールで手指消毒。②入室後はマスクの着用。③座る位置は2メートル離す。 空気清浄機・エアコン・天井ファンによる空気の浄化と換気のかくh 法要終了ごとに換気をこまめにとる。 ...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2021年01月02日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます 今年もどうぞよろしくお願いいたします 昨年からのコロナ禍の中で私たちの生活が一変しました。 コロナ禍はこれまで当たり前に行ってきたことに制限がかかったりできなくなったり 生活様式に変化をもたらしました。 仏事に関しても簡素化が進みました。 目に見えないコロナを恐れるあまり目に見えない神さま・仏さまを軽んじてしまうような時代に なってきました。 人が集うことがむづかしい時代をどのようにお寺としても乗り切っていくかがこれからの課題と考えます。 ...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2020年11月06日

鳥は飛ばねばならぬ 坂村真民

11月にはいりめっきり朝夕寒さが身に染みるようになってきました。 今年は、コロナ禍で3密を避けることが私たちの生活に課され いろいろな制限がかかるようになりました。 昨年までならこんなことができたのにと思うことたくさんありませんか? 新しい生活様式、新しい価値観を思ってコロナ禍の時代をわたしたちは 生きていかなければなりません。 坂村真民さんの詩を読んで今一度力を振り絞って歩んでいきたいと思います。                       宣隆寺 15世 唯正 鳥は飛...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺

2020年11月04日

ペットの桜葬

今や、ペットも家族。ペットとのお別れを大切に考えます。 ここに来ればいつでも会える。ペットの桜葬 フルールド・シエル   #宣隆寺 #永代  ...
真宗高田派 法輪山 宣隆寺
2 / 1512345...10...最後 »